ゆりみその日々サバイバル! 旧・三十路女の日々サバイバル!

ゆりみその日々サバイバル! 旧・三十路女の日々サバイバル!
2年と4ヶ月の借金完済記録と一人暮らしの節約サバイバル生活実践記

家計簿を考える

私ゆりみそが家計簿を付け始めたのは借金完済を決意した頃です。 付け始めた動機は借金の経緯にも書いてありますが 自分が毎月いくら何に使っているのか把握して無駄な出費を抑えたい、と思ったからでした。 借金も一緒で、現状をまず把握しなければ対処方法も得られません。

果たしてそれは成功し、家計簿を付ける事によって得られた事は沢山あります。

お金の流れが年間で見れる・考えられるようになった
今まではせいぜい月単位。目先の事しか見れなかった。まさにその日ぐらしである。
が、年間で見れるようになると恐くて浪費出来なくなった(笑)
だから計画的になる
節約する事が楽しくなった
借金が減っていく数字を見ると、やはり嬉しく励みになった。

ゆりみそは、エクセルで超シンプルな家計簿を作ってつけています。

毎日つけられない事もありますが買物先ではレシートは必ず貰い、 レシートが出なくてもなるべく頭の中に入れておきます。 (外出先で自販機でジュース買ったりとか) それでも1円~100円単位で合わない事もありますが、 もうぶっちゃけそこは適当に雑費とかに突っ込んじゃってます。

これで家計簿をつける時間は1日3~5分程度で済んでます。 全然面倒じゃないです、日課に近いです。

ただ家計簿付け初めの頃は、頑張りすぎて項目を細分しすぎメンドクサとなってました。 食費も「食材」「お菓子」「調味料」「お酒」と細分していたのが 今や食費は「食材」「お酒(家で飲む分)」、 雑費も「衣服 」「化粧品」「本」「日用品」など細分していたのが今や「雑費」でひと括り。

まずは自分が出来る範囲・面倒じゃない範囲だけで始めるのがいいのでは無いでしょうか。 そこから自分に合ったやり方が生まれてくると思います。

スポンサーリンク